看護師

看護師資格の特徴と准看護師

このエントリーをはてなブックマークに追加  

看護師として働くためには看護師資格が必要です。

 

 

 

一般的な看護師=正看護師の資格は国家資格です。
看護師資格は、看護専門学校や大学などで看護師になるための専門教育を受けて、国家試験をクリアした人にこの資格が与えられます。
この資格は一度取得すると、一生有効(違反等で剥奪されない限り)で、日本国内であればどこでもその効力は同じです。

 

 

 

そのため、看護師資格は女性が一生安定して働くには有利な資格と言われています。
ブランクがある場合の復職や再就職、転職にも有利です。

 

 

 

この正看護師の資格とは別に「准看護師」という資格があります。
これは高校の看護科等を卒業した後に、都道府県知事の認定によって与えられるもので国家資格ではありません。
現在、准看護師の資格については廃止の方向で議論が行われていますが、看護師不足等の背景や現在の准看護師の地位の問題もあり、廃止には至っていません。
ただし、一部の地方自治体では准看護師の認定を既に行なっていません。

このエントリーをはてなブックマークに追加