看護師

看護師の離職率が高い理由は?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

現在深刻な問題になっているのが看護師不足。
実は看護師は、離職率・休職率の高い仕事で、多くの病院がその人員確保に苦慮しています。
この不足の原因となっているのが環境です。
看護師の待遇は病院によって大きく違います。
個人院と総合病院ではもちろん違いますし、同規模の病院でも待遇はまちまちです。
この待遇が悪い病院に当たってしまうと、仕事が続けられなくなってしまいます。

 

 

 

また、看護師の離職率に大きく関わっているのが不公平感です。
看護師の給与は比較的高いですが、医師や薬剤師などと比べると低くなります。
療法士などよりは給与が良い傾向にありますが、病棟勤務の場合などはシフトが不安定で、夜勤などがあるため、給与と仕事内容が見合わないとういう声も多いのです。

 

 

 

入院患者のいない個人院等では夜勤等の負担はありませんが、給与などは低めですし、パートや時短勤務などが多くなるのでフルで働きたいという場合には向かないことも。
看護師の離職率は働く環境と自分の気持ちがマッチしないということが関係しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加