看護師

看護師の難関は看護実習?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

看護師を目指す看護学校の過程の中で、大きなポイントになるのが「看護実習」です。
看護実習は、実際に病院等の医療の現場で看護師の仕事を学ぶというもの。
先輩の仕事を見ながら、あるいは実際に患者さんのお世話をしながら、看護の基本を学びます。

 

 

 

実は、看護教育の過程で、最も脱落者が多いのがこの看護実習です。
実習先となる病院によっても異なりますが、実際の医療の現場は非常に忙しく、ゆっくりと手取り足取り、一から実習生に教えている暇はありません。
自分から積極的に動かないとうまくいきませんが、医療の現場では慎重な行動が必要となるので、初めは戸惑うことも多いもの。
指導者に叱られたり、患者さんにいろいろ言われたり、うまくいかないことで心が折れてしまう実習生も少なくないのです。

 

 

 

でも、看護実習が初めからうまくいくことはまずありません。
看護師になるためには誰もが通る道ですのでめげずに頑張って。
同じ実習生の仲間がいると実習も乗り越えやすくなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加