看護師

看護師の夜勤シフトとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

看護師には「夜勤」があります。
これは、基本的に入院病棟の夜間の管理をするもので、入院患者のナースコールに対応したり、病棟内に異常がないか確認します。
科によっては急患の処置や緊急入院の準備なども行います。

 

 

 

この夜勤のシフトについては病院によって様々です。
深夜勤・準夜勤など時間によって区切るケースもありますし、一晩まるっと働くこともあります。
夜間の勤務には手当がつくのが一般的ですが、これも病院によって違います。
派遣等の場合も夜間勤務の方が給与は高く、実入りは多くなっています。

 

 

 

ただし、夜勤はストレスが溜まりやすく、体調を崩しやすいので注意が必要です。
基本的に次の日は休みにするという風にシフトは組む病院が大半ですが、入院病棟は365日、24時間稼働しているので、看護師の休みはどうしても不規則・不安定になりがち。
プライベートな予定を入れにくい、昼間が睡眠時間で潰れてしまうということもあります。
特に慣れていない新米看護師は体調を崩しやすいので注意が必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加