看護師

看護師の仕事と感染リスク

このエントリーをはてなブックマークに追加  

看護師に仕事はストレスが多いとされますが、そのストレスの一つになっているのが「感染リスク」です。
病院で働くので、インフルエンザなどのウイルス性・細菌性の感染症などにはどうしてもかかりやすくなります。
衛生管理・予防接種などは慎重に行われますが、飛沫や空気で感染する感染症は100%予防するのはかなり難しくなります。
看護師が感染症にかかってしまうと、病院内で感染症が蔓延してしまう可能性もあるので注意して。

 

 

 

看護師の仕事はよく「きつい・汚い・危険」の3Kと言われますが、感染リスクはこの「危険」に当たりますよね。

 

 

 

この感染リスクについては、ある程度は覚悟が必要です。
仕事上接触は避けられないので、衛生管理・予防はきちんとできる人でなければトラブルが起きてしまいます。
感染リスクについては、看護学校等でもかなり厳しく指導されますが、いい加減な人は向かない職業なので注意して。
リスクや責任をきちんと管理できることも重要な能力です。

このエントリーをはてなブックマークに追加