看護師

看護師は白衣の天使?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

看護師は精神的、肉体的に非常にハードな仕事のため、並大抵の体力・精神力ではシフ事を継続することができません。
不規則な勤務体系に適応し、かつ精神的なストレスをうまく発散できる人は看護師の適性があると見ていいでしょう。

 

 

 

よく看護師は「白衣の天使」なんて言われるので、優しくて穏やかな人が多いというイメージを抱きがちですが、実際には気が強い人が多いのが特徴です。

 

 

穏やかな人、優しい人でも、芯はしっかりしていて、精神的に強い人が多くなっています。

 

 

 

繊細な人、悩みがちな人がいないわけではないですが、こうした性格の人は看護師を続けることが難しく、離職してしまいます。
ある程度は慣れでカバーできるのですが、適性には性格も関わってくるので注意しましょう。
基本的に自己主張できる人でないと生き残れません。

 

 

 

だから看護師は「白衣の天使」ではなく「白衣の戦士」なんて言われることも。
白衣の天使として名高いナイチン・ゲールも実際にはかなり気が強かったらしいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加