看護師

看護師の制服の変化

このエントリーをはてなブックマークに追加  

最近の看護師は制服も変化してきています。
以前は、スカート型の白衣にナースシューズ、ナースキャップというのが定番でしたが、最近は多くの病院がナースキャップを廃止しています。
これは、ナースキャップにほこりなどがつきやすく、衛生的ではないことや、動きにくいことから、作業の効率性を求めて廃止されたものです。
ただ、看護学校卒業時の戴帽式にはナースの象徴として現在も使用されています。

 

 

 

制服もパンツスタイルが普及してきています。
特に移動の多い救急などの分野ではパンツスタイルの白衣が一般的になっています。
動きやすく、様々な事態に対処しやすいという看護師も多く、病院によっては複数パターンの制服から個人の使いやすいものを選べるようにしているところもあります。

 

 

 

ナースシューズもスニーカーに変わりつつあり、看護師のスタイルも大きく変化しています。
より効率よく、働きやすく変化しています。
最近の制服は見た目よりも働きやすさ重視なんですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加