看護師

正看護師と准看護師は何が違う?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

正看護師には主体的に患者の看護をする権利が与えられていますが、准看護師は看護業務を医師、歯科医師または看護師の指示を受けて行なうと決められています。
つまり、准看護師は医師や正看護師の指示がないと、原則としては看護ができないのです。

 

 

 

ただし、仕事の内容が全く違うということは少なく、患者から見て正看護師と准看護師の区別はほとんどつきません。

 

 

 

また、基本的に准看護師は医療チームでは下位に当たり、給与の面でも差がつきます。
女性の職の中では給与水準が高いとされる看護師ですが、准看護師の給与は低めで、キャリアアップがしにくい傾向にあります。

 

 

 

ただ、准看護師は高校卒業と共に資格が与えられるので、少しでも早く看護の仕事につきたいという場合には有効です。
3年間実務経験を有する場合、また所定の教育を受けた場合には正看護師の国家資格受験も可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加