看護師

看護実習の内容

このエントリーをはてなブックマークに追加  

看護師になるために乗り越えなければならないのが「看護実習」です。
でも座学と違って何をするのかよくわからないですよね。

 

 

 

学校によってカリキュラムは多少違いますが、看護実習は基礎実習と臨床に分けることができます。
基礎実習では実際鵜の病院で仕事を見学し、簡単な仕事を手伝う程度です。

 

 

 

これに対して臨床は、実際に患者さんの看護を行いながら、看護師の仕事を身につけるもの。
看護専門学校では3年次は臨床実習が主になります。
4年制の大学でも3年次・4年次は臨床実習を中心にカリキュラムが組まれます。

 

 

 

臨床実習では一通りの看護技術を身につけます。
実際の患者さんを相手にするので非常に難しく、学校での学習通りにはいかないこともありますが、徐々に技術を磨いていきます。
辛いことも多いとおされる実習ですが、看護師になるためにはこれをきちんとクリアしなければなりません。

 

 

 

看護実習を受け入れている病院は大学病院等大規模で忙しい病院が中心なのでかなりハードです。

このエントリーをはてなブックマークに追加