看護師

個人クリニックの看護師の仕事とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

クリニックと大病院では同じ看護師でも仕事の内容や働き方が異なります。

 

 

 

個人クリニックでは標榜する科を限定しているので、扱う疾患や部位が限られます。
症状としても軽度なものが中心なので、深刻な事態に陥ることはあまりありません。

 

 

 

ただ、その分患者さんとのコミュニケーションが重要になります。
看護師は不調のある部位などをしっかり聞きだし、十分な診療ができる様な配慮が必要です。
近年は個人クリニックが急増しており、看護師の対応次第で患者さんが別の病院へ行ってしまうこともあります。

 

 

 

また、個人クリニックの看護師は仕事の幅が広いという特徴があります。
個人クリニックはスタッフが少ないので、検査・採血、点滴、などの処置や介助だけでなく、患者さんの誘導やレントゲン準備、清掃なども看護師の仕事の一つ。
院内処方の場合は薬の準備や受付なども任されることがあります。
幅広い仕事に臨機応変に対応しなければならないというのがクリニックの大変なところです。

このエントリーをはてなブックマークに追加