看護師

大学病院の看護師の仕事

このエントリーをはてなブックマークに追加  

大学病院では医師と看護師の役割分担が明確になっています。
大学病院は、(研修医を含む)医師が非常に多く在籍しており、多くの仕事を医師が担います。
化学療法用の点滴の準備からルート確保、血ガス用の採血も医師が行うことが多く、看護師としてはこれらの処置はほとんど行いません。

 

 

 

大学病院の場合、看護師は部門のスタッフを連携する役割を担います。
また、患者さんと担当医の橋渡しをするのも重要な任務です。
医師は非常に忙しく、また一人で多くの患者を担当するので、看護師がいないと病状や要望の把握がうまくできません。
看護師は大きな組織で治療をスムーズに行うためには不可欠な存在です。

 

 

 

また、所属する科によっては看護師に特有の技能や適性を求められることがあります。
手術室や救命救急等は適性や技能が必要される科の一つで、専門性が高い仕事をします。
特定の分野については「認定看護師」や「専門看護師」といった制度が設けられており、こうした資格を取得すると大病院でのキャリアアップにつながります。

このエントリーをはてなブックマークに追加