看護師

総合病院の看護師の仕事

このエントリーをはてなブックマークに追加  

看護師といってイメージするのは総合病院の看護師ではないでしょうか。
総合病院は外来業務と病棟業務の2つがあり、これによって仕事内容が異なります。

 

 

 

総合病院の外来業務の看護師は患者さんの事前問診を行ったり、検査の補助をしたりします。

 

 

体重測定、検尿、採血等これに当たります。
ただ、病院によっては検査部門があり、看護師は検診の際の補助が主な仕事となるケースもあります。
ただ、単に検診補助をすればよいというわけではなく、入院や検査が必要になった場合には必要な部門に連絡を取り、その準備をしなければなりません。

 

 

 

総合病院の病棟業務の看護師の主な仕事は、入院患者の管理です。
病棟は24時間365日稼働しているので、2交代や3交代での勤務体制が一般的で、夜勤も行います。
患者さんの日常生活援助や状態の管理、点滴を含めた与薬、診療補助が主な仕事になりますが、患者さんの家族への説明・指導なども行います。
入院患者さんが急変することもあり、緊急事態への対応も求められます。

このエントリーをはてなブックマークに追加