看護師

看護師と助産師はどう違う?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

看護師と混同しがちなのが、「助産師」」です。
助産師は妊娠・出産・育児まで母性に関する専門家として働きます。
代表的な仕事は分娩の介助ですが、この他に家族計画指導、母乳育児指導なども行います。
周産期の母親と、産まれてきた乳幼児に対する高度な知識が必要とされます。

 

 

 

この助産師資格は看護師の上位資格となります。
原則として、看護師資格を取得後、専門的な教育を受け、国家資格に合格しなければ助産師にはなれません。
この資格を取得すれば、正常なお産であれば医師の立ち会いなく分娩させることができ、助産院の開業も可能です。
ただし、妊娠・分娩で異常がある場合は医療機関・医師に任せなければなりません。
助産師はこうした判断もかなり重要になる、非常に責任の重い仕事です。

 

 

 

現在、日本では助産師士資格は女性のみに限定されています。
看護師の資格が男性でも取得可能なことを考えると不公平感はありますが、これは妊娠や出産は女性のみが行うものですので当然と言えば当然ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加