看護師

看護師と保健師ってどう違う?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

看護師の上位資格には「保健師」というものもあります。
以前は「保健婦」と呼ばれていたもので、看護師の国家資格取得後に専門教育を受けなければ国家資格の受験資格を得ることができません。

 

 

 

この保健師の仕事は看護師に比べると若干イメージしにくいかもしれませんね。
保健所などで乳児検診などさまざまな健康診断を行ったり、個々の家庭を訪れて、健康上のアドバイスをするというのが基本的な仕事ですが、学校や幼稚園などの出向き、歯磨き指導なども行います。

 

 

 

この保健師が看護師の資格を必要とするのは、保健指導において、看護の知識・能力が必要となるため。
看護師の知識をベースに、公衆衛生や感染症予防などの活動も行います。
また、保健師資格保有者は、学校の養護教諭となることもできます。

 

 

 

最近は在宅ケアをする老人が増加しており、介護の相談や指導を求める声も高まっていますが、こうした介護に関する相談受けたり、アドバイスしたりするのも保健師の仕事となります。

このエントリーをはてなブックマークに追加