看護師

看護師になるには?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

看護師になるには、看護についての専門教育を一定期間以上受け、所定の単位を修得しなければなりません。

 

 

 

高校で看護科に入学し、卒業時に准看護師免許の試験を取得すれば准看護師として働けます。

 

 

 

(正)看護師になるためには高校卒業後、大学もしくは看護専門学校などで専門教育を受けなければなりません。
看護専門学校は3年ないし4年、大学の場合は4年間の教育が必要となります。
この看護専門学校・大学を卒業後、国家試験に合格して初めて看護師の資格を得ることができます。

 

 

 

准看護師の資格保有者の場合は、看護師2年課程を卒業すれば国家資格の受験資格が与えられます。
看護師は人の命や健康に関わる資格ですので、専門的で高度な知識・技能が求められます。
現在は、看護協会の方で4年制大学での資格取得が推奨されています。
これは、専門教育の期間をしっかり取ることで、より知識を深め、実習等の日程も十分に取れるようにするため。
必要とされる仕事だからこそ、質の高い教育が求められているんですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加