看護師

看護師の国家試験と合格率

このエントリーをはてなブックマークに追加  

看護師の国家試験は国家資格の中でも合格率が高い資格と言われています。
年によって多少差はありますが、看護師国家資格の合格率は概ね90%以上となっており、試験を受けたほとんどの人が合格していることになります。

 

 

 

これを見ると看護師資格って簡単なんだ、なんて思ってしまいがちですが、実はこれはちょっと違うんです。
看護師の国家試験を受けるためには、専門学校や大学などで必要な単位を取得し、実習をクリアしなければなりません。
看護師資格では、試験自体よりもこの学校での授業・実習がクリアできるかどうかがネックになります。
看護専門学校や看護系の大学は授業内容が非常濃く、実習もかなりハードです。
これに耐えられず途中であきらめてしまう人も相当数いるので、試験を受けるところまでたどりつけるかどうか、が重要なポイント。
看護師の資格は、国家試験よりも学校を卒業する方が難しいと言われることも多いのです。
強い意志とやる気がないと看護師資格は取れないので、学校に入学する際にはしっかり考えて。

このエントリーをはてなブックマークに追加